健康食品のパッケージデザインについて

パッケージ
2023/07/05

健康食品のパッケージデザインについて

粉末やドリンクタイプ、そしてカプセルや錠剤タイプなどさまざまな形態で展開されている健康食品。 今回のコラムは、そのような健康食品を販売する際の顔となるパッケージデザインについての解説です。 健康食品のパッケージが持つ重要性やパッケージの種類などについて、デザインのポイントと併せてご紹介したいと思います。

1.健康食品のパッケージデザインが果たす役割

 

 

魅力を伝える広告である

 

健康食品のパッケージデザインは、ただ商品を梱包するための容器・入れ物ではありません。
どのような商品が中に入っているかを伝え、商品の特長や優れたポイントを説明するための非常に重要な要素を持っています。
それは広告としての役割とも言え、まずは商品を探している消費者の目に留まり、そして手に取ってもらえるような魅力あふれるデザインである必要があるのです。
いくら素晴らしい商品でも、見た目=デザインが魅力的でなければ手に取ってもらえませんし、他の商品と差別化が図れる「売り」の部分があったとしても、手に取ってもらえない限りはアピールすることもできません。
このように、消費者に対し「購入」につながるきっかけを与えることが、パッケージデザインが持つ重要な役割です。

 

“映える”デザインが購買につながる

 

最近は“筋トレ”や“美ボディ”“ロカボ”“低糖質”などをはじめとした、体づくりや健康への関心が高まっており、比較的若い世代でも健康食品を日常生活に取り入れている人も少なくありません。

そして基本的に毎日摂取するものだからこそ、キッチンやダイニングなどの手に取りやすい場所に置いておくことが多く、その場合にインテリアの雰囲気を損なわず、置いておいても気にならないようなデザインのパッケージであるということも念頭に商品を選ぶ傾向にあります。
流行に敏感な購入者層が多い健康食品だからこそ、デザイン的に“映える”パッケージかどうかという点が非常に重要になってくるのです

同じような商品がたくさん並ぶ中で、比較検討の候補に入り、そして購入されるために、パッケージデザインのデザイン力が大きく影響することは間違いありません。

 

2.健康食品のパッケージの種類

 

 

実際に健康食品のパッケージについて検討する際には、どういったパッケージの仕様にするのかも決めなければなりません。
実際に健康食品に使用されることが多いパッケージをご紹介しますので参考になさってください。

 

・ラミジップ

最近、プロテインなどの健康食品のパッケージで使われることが多い、「ラミジップ」と呼ばれるジッパー付きの袋タイプです。
アルミやクラフト紙などいろいろな素材がありますが、表面や内側がビニール素材等でラミネートされていて、強度、遮光性、防湿性にも優れています。
また、ジッパー付きのため、開封後も保存がしやすいところもポイント。
袋に直接デザインを印刷する方法と、シールを作成し貼り付ける方法があります。

 

・ボトル容器

プラスチック製、またはガラス製のボトルに、パッケージデザインのラベルを貼り付けて販売するボトルタイプの容器です。
ボトルの破損の可能性が低く比較的安価なのがプラスチック製、そしてガラス製のボトルでは高級感を出すことができますが、ガラスボトルを使用する際は、ボトルが割れたり欠けたりすることを防ぐために化粧箱でさらに梱包する必要があります。

 

・アルミ個包装(小分けタイプ)

粉末など、飲むタイプの健康食品を1回分ずつアルミの小袋で個包装した小分けタイプです。
保管や持ち運びがしやすく、摂取する直前に開封するため湿気が入りにくく、また、遮光性が高いため比較的長期間の保存に向いているところもポイントです。
個包装の袋にもデザインを印刷することもあれば、個包装には印刷せず、袋の素材そのままとし、梱包する化粧箱にデザインを施す場合もあります。
 
また、パッケージの仕様を決める際は、以下のような点にも注意が必要です。
・開閉のしやすさ
・密閉性
・保管のしやすさ(自立するもの)
・遮光性
など、使い勝手と併せて、保管時の商品の劣化を防ぐための工夫もされているパッケージを選ぶことも大切です。

 

 

3.良いパッケージデザインとは? そのために必要なこと

 

 

<表示に関する注意事項>

 

健康食品のパッケージとなる袋やボトル、箱などには、原材料、内容量、栄養成分、リサイクルマークなど、さまざまな情報が記載されており、記載する内容や文字の大きさなどが消費者庁による「食品表示法」で定められています。
※健康食品は「食品加工法」の中でも「加工食品」の基準に合わせた記載をする必要があります

~健康食品は医薬品ではない~
法律上、健康食品は医薬品や医薬部外品ではありません。
そのため、具体的な疾病名を載せることや、症状改善をうたう表現はできません。
例)
・血圧が気になる方へ
・便秘改善
・こんなに痩せる!
・がんの予防に

このように、効果・効能を載せること、また、個人の感想などを載せることも禁止されています。

 

■自社商品の特長を伝え、他社商品との差別化を図る

 

同じような効果が期待できる競合商品の中で、自社の商品を選び手に取ってもらうために重要な「他社商品との差別化」。
競合商品よりも、ターゲットに対する訴求効果が高く、そして期待感を上げるような要素がパッケージデザインに含まれていることがポイントです。
商品ごとの一般的な容器の形や仕様、色味などはある程度決まっているものが多いですが、あえて、形や素材、色味を変えるなどのアレンジは、新しさと意外性を生み出し、購買意欲の促進につながります。

 

<デザインの決定に必要なこと>

 

販売する側の想いを込めて作成するパッケージデザインですが、『客観的』な視点からのチェックもできているでしょうか。
より良いパッケージデザインに仕上げるためには、
・商品が持つ特長・世界観というものがバランスよく表現できているか
・ターゲット層にとっても魅力あるパッケージデザインなのかどうか
これらを“消費者の目線”で客観的に評価・確認することも大切で、そのためには事前の市場調査やデザイン会社への作成依頼に加え、デザイン評価調査と呼ばれる「ユーザーアンケート」が非常に有効です。

注目度(魅力度)、購入意欲度合い、見やすさ、そしてコンセプトとの合致度などを消費者がモニターとなり評価する仕組みです。

これにより、複数案の中から最も優良なデザインを選定したり、制作中のデザイン案をより良い理想的なデザインへと近づけることが可能になります。

 

 

まとめ

 

いかがでしたでしょうか。
健康食品は競合が多く、パッケージに記載できる内容の制限もあります。
そのような中で選ばれる商品にするには、パッケージデザインの訴求度合いが大きく影響しますので、記載内容に対する注意はもちろんのこと、客観的な視点を意識しながら「ぜひ買いたい!」と思われるパッケージデザインを目指しましょう。
 
LEFANAでは、プロテインなど健康食品のパッケージデザインも作成しております。
限られたパッケージサイズの中で、商品の魅力を最大限に伝えるクオリティの高いパッケージデザインをお届けしますので、ぜひお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせはこちらから
CONTACT

contact

TEL:03-5464-8647
CONTACT